またまた自宅のエアコンが壊れたのでKaodim(カオディム)で修理業者を呼んでみた

こんにちは!

以下の記事でも書いたのですが、我が家は「ベッドルームのエアコンがポンコツ」という問題を抱えています…。

いくらマレーシアと言っても住み始めて1年とかでエアコン壊れてる人は周りに居ないし、絶対1番最初の工事とかに問題あった気がするんだよなー笑

で、8月に修理してもらったばかりのこちらのエアコンですが、年末年始の帰省から帰ってみるとまたまた調子が良くないみたい…。

症状としては部屋が冷えないんですよね。

16度に設定して強風出してるのに全然涼しくならない。

雨季もそろっと終わりにかかり気温が上昇してきた今日この頃。

蒸し暑くって眠れなくなっちゃったので、早々にギブアップして修理業者を呼んでみることに。

以下の記事にも書いたように、前回はコンドの管理事務所に文句を言ったら業者を手配してくれましたが、もう保障期限が終わった?とかで助けてくれず、自力で手配することに…。

マレーシアの業者、どこが良いのかわからない問題

とは言え自分で業者を探すのは初めてですし、周りにもエアコンの修理業者に明るい人はいませんでした…。

そんなわけでネットの海をさ迷っていたところ、Kaodim(カオディム)なるサービスが良さげだったので利用してみることに!

オンラインの便利屋サービスKaodim(カオディム) ってどんなサービス?

公式サイトの説明によると、「3つの簡単なステップで簡単かつ迅速にさまざまなサービスのプロフェッショナルを雇うことができるプラットフォーム」だそうです。

まあ要は「ネットでお悩みに応じた便利屋さんを探して、お家に呼ぶことができるサービス」って感じですね。

エアコンのメンテナンスの他にもお家のお掃除電球の取り換え衣類のお洗濯なんかもお願いできるみたい。

Kaodimの使い方は?

使い方はかなり簡単!

英語レベル2歳児の私でも簡単に登録・利用することが出来ました!

webからでもアプリからでも利用できます。

1.まずは会員登録

以下のURLから必要な情報を入力します。
https://www.kaodim.com/dashboard/signup

2.リクエストの登録

会員登録後のマイページがこちら。

今回はエアコンの不調なので、画面右下の「Aircond Servicing」を選択。

その後は以下を参考に自分の状況にあったものを選んでください。

1.ロケーション

自宅の場所を入力・検索します。

2.リクエストの作成

右側のLets get startedボタンをクリックしてリクエスト作成画面へ移動します

3.おすすめオプション的な項目(?)

よくわからないのでスルーです。(適当か)

4.エアコンタイプを選択

これも適当にHighriseを選択。

18階に付いてるし、高い場所っぽいニュアンスを感じる単語だから多分合ってるだろうw

5.48時間以内にサービスが必要か選択

急を要する方はYesを選びましょう。

6.サービスに来てほしい期間を選択

7.リクエストの送信

内容を確認し、問題なければ右側のSubmit a request をクリックしてリクエストを送信します。

3.業者から申し出が届く

しばらく待ってるといくつかの業者からメッセージが届きます。

青く囲まれた部分が「2 QUOTES」ってなってるのは、2つの業者から連絡が来てるってことです。

4.呼ぶ業者の決定

業者の一覧はこんな感じ。

それぞれの業者とはチャットでやりとり出来るので、好みにあった業者を選びましょう。

業者には口コミも付いているので参考にすることをおすすめします。

マレーシアの業者は時間通りに来てくれないことも多くあると聞くので、「時間通りに来てくれました!」という口コミのある業者を選定w

私の場合、決定した業者さんがワッツアップの連絡先を寄越してきたので以降はワッツアップ経由で連絡を取りました。

普通なら上記キャプチャー内の、「Book This vendor now」というボタンを押してなんやかんやするのでしょう。

Kaodim(カオディム) を使ってみた感想

まず前提として住んで2年未満でエアコンが壊れまくる時点で腸が煮えくり返ってるのですが、Kaodim経由で指名した業者さんはちゃんと時間通りに来てくれましたし、作業始める前に料金がいくら掛かるのか教えてくれたので安心してお願いできました。

業者さんが置いていった作業の明細には「ガスの補充」「センサー交換」「エアコンのクリーニング」の3つが書かれており、料金は150リンギット

相場がわからないので高いか安いかは判断できないのですが、暑すぎて眠れず、「もう200リンギ以下なら何でも良い!」という心境だったので私的にはノープロブレムです。

まあ、玄関入ってくるときに機材運ぶのに邪魔だったであろう家の靴たちを蹴り飛ばされたりベッドの上に道具置かれたりお気に入りのバスマットの上にハシゴを乗せられたりしましたが、マレーシアなので良しとしましょう笑

3人来たうちの1人が作業中に携帯で動画を見始めたりw

それでも私がお願いした業者さんはアフターサービスも万全で、「3ヶ月以内に再度不具合が発生したら無料で修理するよ~」と言い残して帰っていきました。ありがたい!

お家に業者を呼ぶ際の注意点

Kaodim(カオディム)に限った話ではありませんが、家に業者を呼ぶときは貴重品の管理に注意しましょう。

特に今回嫌な目に合ったとかではないのですが、何か無くなったりしたときに人を疑いたくないじゃないですか…そういうの疲れちゃうから…。

パスポートとか現金は鍵のかかる場所に隔離です!

それと、作業後の現場はまあまあ汚くなります笑

うちの場合はエアコンを洗浄した水をバスルームに流していったので、そこそこ汚れが残りました。

ざっくりとした清掃はしていってくれますが、業者撤収後自分でもお掃除する必要があるかも><

我が家のエアコンその後

業者さんが来てくれて5日くらいは快適に動いていたエアコンですが、すぐにタイマーランプが点滅し、勝手に電源が切れるようになってしまいました…。

3ヶ月以内は追加修理無料とのことだったので再度業者さんを呼んだところ、「こいつはマザーボードが死んでるからもう長くない。次に壊れたら大家に言ってエアコンごと取り換えな」とのことでした…マジか…。

エアコンの命を根本的に救うことは出来ませんでしたが、口コミを含め簡単に修理業者を探すことができるKaodim(カオディム)、なかなか便利なサービスでした!