本帰国するので約2年間のマレーシア生活を振り返ってみた

こんにちは!

来月で本帰国が決まったので、今日はマレーシア生活の2年間を振り返ってみようと思います!

色々あったなあ…(しみじみ)

2018年5月 マレーシアに初入国

縁もゆかりもない、旅行で来たこともないマレーシアに住む場所すら決めずに初入国。

今思うと無茶したなあ…。

5月10日に日本を出たのですが、羽田空港に着く直前にELLEGARDENが活動再開を発表したことをめちゃくちゃ鮮明に覚えていますw

一気に行く気なくしましたww

マレーシアに着いてから2週間ほどでブラック企業での就労開始。

ちなみにこちらの会社、入社してすぐ「やっちまったな」と思うくらいには闇でしたw

ぶっちゃけこの頃観光ビザで働かされt

2018年6月 ベトナム出張

出張(と言い張れと言われていた)でベトナムへ。

私が滞在したのはホーチミンでしたが、マッサージが安くてご飯も美味しくて雑貨も可愛く楽しい街でした。

バイクタクシーに妙にハマってしまい、暇さえあればライドしてたw

ビーフシチューのフォーが意味わからないほど美味しかったです。

2018年7月 京都大作戦大失敗

前々から行ってみたかった京都の音楽フェス、京都大作戦に参戦。

の予定が、関空降りたら大雨で電車も動いておらず、フェスももちろん中止

マレーシアから飛行機で来ていたのでかなり泣きたかったです…。

チケット代は返金されたので、ヤケクソになってUSJでフライング・ダイナソーに挑戦したら直前に飲んでいたビールを吐きましたw

三半規管弱い人は乗ったらアカン、悪魔の遊具です。

ちなみに今年(2020年)は帰国後しばらくニートになるのでリベンジ参戦を目論んでいたところコロナで中止。なんなの?

2018年8月 ブラック企業退社&2社目内定獲得

なんと、マレーシア1社目のブラック企業は3か月足らずで辞めてしまいましたww

「これからどうなるんだろう…」という不安よりも「もうこの会社に一生来なくて良いんだ!!」という喜びの方がかなり強かったです。

3か月で辞めたにも関わらずビザの手続き費用とかを請求されなかったのは不幸中の幸いでした。

また、運が良いことにこのブラックを辞めてすぐに面接を受けたWebマーケティングの会社で採用をいただき、次の働き口もゲット!

プーケットへプチ旅行に行ったのもこの時期ですが、雨季だったので波が強くガチで溺れかけました。

泳いでも泳いでも沖へ連れて行かれる恐怖は今でも忘れられません。

2018年9月 [ALEXANDROS]のクアラルンプール公演へ

マレーシアに日本のアーティストが来てくれることってなかなか無いので、嬉しくなってPavilionまで紙のチケットを買いに行ったのを覚えています。

会場はKL Life Centreというライブハウス?のような施設。

ローカルのお客さんも居ましたが、半分くらいは日本人だったかな~。

久々に邦ロックに触れることが出来て感無量でした。

2018年10月 次の会社のビザ取得のため日本へ帰国

エージェントさんから、ビザの準備が整ったので日本で待機するよう指示がありました。

通常であれば2週間ほどで承認が下りマレーシアに戻れる算段ですが、私の場合は10月いっぱい待っても連絡が来ず…。

夫を1人マレーシアに残してきてしまったので毎日寂しくて枕を濡らす日々…。

この2年間の暗黒期第1位をブラック企業勤めだとするのなら、間違いなく第2位はこの時期です。

親からも連日「出戻り」「ニート」「穀潰し」と罵声を浴びせられ、風呂掃除などをして存在意義をアピールしていました。

暇すぎたのでブログを始めてみたのもこの時期です。

2018年11月 やっとビザが下りてマレーシアへ

このとき何故2か月以上も待たされたのか未だに謎過ぎます。

転職先のHRから「ビザ降りたよー!」と連絡を受けたら速攻で渋谷のマレーシア大使館へ。

大使館でのあれこれは以下の記事にまとめています。

マレーシア2社目で働き始めました。

2018年12月 Man with a Mission を追いかけてバンコクへ

みんな大好きMan with a Missionがバンコクにやってくるということでエアアジアで飛んでいきました。

ホテルはバンコク市街から車で15分ほどの場所に取ったのですが、周りのレストランが安うまで感動!

お腹いっぱいお鍋を食べて瓶ビールを4本くらい開けてお会計が2人で3000円くらいでした。

バンコクどまんなかでも食事をしましたが、値段のギャップにびっくり。

市街地はかなり都会!って感じで物価も高い。タイの勢いみたいなものを感じましたね~。

あと父親がマレーシアに旅行に来ました。

親をアテンドするのは初めてでしたが楽しんでくれてよかった!

2019年1月 自宅にプロジェクターを導入

正月の帰省中に日本のAmazonでゲットしたプロジェクターをマレーシアに持ち帰ってみました。

中国製のやっすい製品でしたがこいつのおかげでかなりアニメ鑑賞が捗るように。

以下の記事でも書いてますがマレーシア(特に家の近所)、マジで娯楽がないので、こういう家活が捗るアイテムは重宝しますw

おそらくこいつで50本くらいはアニメ見たんじゃないかな。

マレーシア生活を楽しむのにかなり貢献してくれましたw

2019年2月 暇すぎてMANEKINEKOへ行ってみる

まねきねこという懐かしい名前を耳にしたのでチェラスへ。

マレーシアでカラオケに行ったのはこれっきりでしたが、店内の雰囲気がかなり日本のまねきに近く、懐かしい気持ちに。

アニソンから邦ロックまで曲数も申し分なかったです。

2019年3月 暇すぎてLINEスタンプづくりに挑戦

この頃は旅行の予定とかも無く、暇すぎる毎日を過ごしておりました…。

そこで思いついたのがLINEスタンプ作り

夫の妹が昔考案したハムスターのキャラクターをパクり、LINEスタンプとして昇華させてみました。

ちなみに売り上げ300円だったので自給換算すると4円くらいなのですが、楽しかったので良いですw

購入リンクはこちら♪(突然の宣伝)

お気に入りはこれ。

2019年4月 エドシーランとワンオクの対バンへ

国立競技場にエドシーランとワンオクがやってくると聞いて行ってみました。

このときまでエドシーランはあまり聞いたことがなかったのですが、iTunesで予習をしたところ好みの感じだったので更に楽しみに♪

ワンオクもいつか見てみたいなって思ってたのでこちらも念入りに予習!

当日は開始1.5時間前には会場に到着していたのですが、会場に入るための待機列がめちゃくちゃ長く、ワンオクの最初3曲ぐらい見逃したのが今でも悔しい…泣

というのも入り口が1つしかなく、入場の際1人1人荷物チェックをしていたため、列が遅々として進まなかったのです…。

国立競技場でコンサートを見る予定がある方は、開演3時間前くらいには会場に居たほうが安心かもです。

内容的にはとっても素敵でした…!

2019年5月 イオンクレジットカード作ってみた

大体の買い物は銀行のキャッシュカードに付随してるデビット機能で行けるのですが、航空券とか大きい買い物のためにクレジットカードを作ることに。

窓口のあるイオンがスコールでやられてシステムがダウンし、カードの受け取りが遅れたのも今では良い思い出です。

2019年6月 レダン島旅行

私の誕生日ということで夫が企画してくれたレダン旅行へ!

私は30年くらい生きてきてあんなに透き通ったきれいな海をみたことがありません

透明すぎる海でひたすら泳いでウミガメも触って…マジで最高の思い出です。

コロナが無かったらもう一度行きたかったなあ泣

2019年7月 人生で初めて飛行機に乗り遅れる

夏休みを利用して福岡に旅行に行き、帰りの福岡空港に離陸55分前に到着したところ「もう色々閉めちゃったので搭乗できません」とズバっと言われてしまいましたwww

そんなこと言わんでお願い~~」と駄々を捏ねてみましたが剣もほろろ(´・ω・`)

エアアジアは国際線の場合、離陸の1時間前までにチェックインしないといけないのを知らなかったw

寝坊とか道路が混んでたとかではなく、純粋なる無知です。

福岡からクアラルンプールの直行便は毎日運航ではなかったので、ヤケクソになって台湾経由で帰ったなあ…笑

トランジットが13時間あったので街に出てちょっと散策したり、急いでとったホテルがラブホだったりとちゃっかり台湾を楽しんだのでまあオッケーですw

と言いつつ福岡空港でカウンターのスタッフに「あんたたちはもう飛行機乗れんのやで」と言われたときは足がすくんだというか目の前が真っ暗になりました

2019年9月 2社目クビ宣告

以下の記事にも書きましたが、4日ほどの休暇明けに職場に復帰したところ、間髪入れず「あんたの契約は1年で終了やで」とクビ宣言を受けてしまいました。

2社目はかなり気に入っており「このまま本帰国までしがみついてやるぜゲヘヘ」と目論んでいたのですが、延長ならず…。

そんなわけで慌てて転職活動を始めました。

2019年10月 転職活動を頑張る

去年はブラック企業を辞めてすぐに内定をもらえたので「楽勝っしょwwww」と転職活動を完全に舐めていた私ですが、2度目の転職活動はけっこう大変でした…。

ぶっちゃけ土日休みの仕事ならなんでも良かったのですが、私のような英語がよくわかってない人が選べる職種となるとカスタマーサポート職が中心となり、シフト制の求人ばっかりになってしまいます…。

土日は夫と遊びたいから嫌なの…。(わがまま)

2社目の会社のHRからは「10月25日までに次が決まらなければお前のビザはキャンセル」などと恐ろしいことを言われており、けっこう崖っぷちでしたw

1回ビザをキャンセルされるとまた日本で2か月くらい新しいビザが下りるのを待ったり、転職先でも半年間給料から28%引かれちゃったり散々な未来しかないので必死w

志望した企業からはお祈りされまくり、自尊心をボロボロにしつつもなんとか今の会社に内定をいただきました。

ちなみに内定もらったのはHRからデッドラインとされていた10月25日。ギリギリすぎるwww

2019年11月 マレーシア国内転職の洗礼を受ける(1年ぶり2度目)

2社目に在籍中に次の職場が決まったため去年よりはかなり楽だろうと思われたビザの切り替えですが、結局地獄でした。

みんな言ってること違うし意味わからな過ぎてMDECのソファで泣いたりしてたもんw

マレーシア生活暗黒期第3位に認定です。

でも台湾でELLEGARDEN見たりとか、楽しい思い出もできたけどね!

2019年12月 3社目で就業開始

3社目(今の会社)は給料も私がマレーシアで経験した中で1番高く、家から近い上に当時は仕事がめちゃくちゃ楽だったので転職の成功を噛みしめてました。

正直ここに至るまでの色々を忘れ、人生ちょろいとか思ってた。

こんな記事も書いてましたね。

この頃は私のほかにもう1人同じプロジェクトの日本人担当がいたから余計に楽でしたね~。

それと1年ぶりに父親がマレーシアに遊びに来てくれたからアテンドしたり。

父は海洋学部出身の海洋大好きおじさんなのですが、マラッカに連れて行ったらマラッカ海峡を見て感極まってました。

私にはわからない感覚ですが、喜んでくれて良かったです。

2020年1月 チームの日本人担当が私1人に

この月、一緒に日本人をサポートしていたパイセンが転職してチームを去ってしまいました…。

それによりすべてのコールに1人で対応しないといけなくなりましたが、元々コール数は1日で8~20回ほどとそんなに多くなかったので別に大変でも無かったです。

2020年2月 コロナの影響で仕事の問い合わせが激化。

コロナの影響で私がサポートしてる会社のリモートワークが始まったこともあり、2月下旬から問い合わせが一気に増えました。

家でネットがが繋がらないという問い合わせに、Yahoo!mobileのポケットWi-Fiなど窓から投げ捨てろと言いたいのを堪えて対応する日々。

1日に何十件も掛かってくる電話にノイローゼ気味になり、朝7時から夜の7時まで仕事したり。勘弁してくれwww

お客さんも在宅に慣れてないから気が立ってましてね…。意地悪言われたり怒鳴られたりはしないけど、さりげなく急かされるみたいなね…。

わかんないことがあるといつも教えてくれてたマレーシア人のマネージャーもいつの間にか居なくなってたし。

(バックれか?って本気で思ってたけど入院でしたw)

更に元々受け持ってたお客さんだけで大変なのに、別の会社さんのサポートにも入ることに…。

2020年3月 マレーシアでロックダウンが発令&退出届提出

別案件のサポートに入ったは良いものの、先輩社員は常に死ぬほど忙しそうで不明点を聞くこともできず、元々の案件も相変わらずクソほど電話来る。

今思うとこの職場でこの時期が1番辛かったかも…。

マレーシア生活暗黒期第4位はここですね。

さらにロックダウン発令で今度は自分が在宅ワークになり、慣れない業務体系でさらに心が折れましたw

で、「マレーシアはもう十分酸いも甘いも経験したな」という結論に至り、本帰国に向けて職場に退出届を提出。
(仕事へのイヤイヤ期と虫への恐怖が大部分ですが…汗)

2020年4月 引き続きのロックダウンで家から一歩も出ない日々

引き続きのロックダウン生活ですが、在宅ワークにもかなり適応してきました。

始業ギリギリまで寝られるから最高です。

とは言えまだまだ問い合わせの電話は多く、ストレスをため込む日々。

土日もどこにもお出かけできない私を救ってくれたのは「あつまれ どうぶつの森」。

平日の夜や土日など、無人島を発展させることでかなり心の平穏を保つことが出来ました。

マイル旅行券で離島に行けば遠出の気分も味わえるし。

ちなみにこの頃は日本のコロナのニュースもガンガン耳に入っており、「絶対帰国後再就職無理じゃん…」と落ち込んでしまったり…。

2020年5月 マレーシア3社目を退職(今ここ)

そして今日、約半年お世話になったマレーシア3社目のカスタマーサポート職ともお別れです。

正直無職になることよりも明日からこの仕事をしなくて良いことのほうが嬉しいwwww

今の会社は後半とてもきつかったけど、給料が良かった(当社比)のと、ロックダウンでお金使わなくなったので少しは貯金も出来ておりまあしばらくは無職でもやっていけそうな気がします。

web制作のバイトもあるし。

明日からは来月の帰国に向けて準備の日々です!

まとめ

こうやって見ると2年間けっこう色々なことがあったなあ…。

私が「全然別の場所で生活してみたい!あとプール付きの家にも住みたい!」と海外転職を意識し始めたのは実は8年くらい前だったかな。

新卒で入った会社がまあまあなブラックだったので何気なく海外の求人を見てみたらバンコクで募集があって、今思うとそれが「私の職歴でも海外で働けるのかも」って考えた始めたきっかけだったような…。

大学の夏休みに友達と行った30日31泊地球半周旅行の面白さが忘れられなかったのと、「意外と英語話せなくても海外ではなんとかなる」という変な成功経験がベースにはあったんですけどね。

その後東京の制作会社に転職して、よりハイレベルな技術を持つ人たちの下でデザインとコーディングを学べたことは本当にラッキーでした。

何故かというと、私はマレーシアに来てからも度々無職になる傾向があり、その度にweb制作のバイトで何とか食つなぐことができたから。

ちょっとエロいランディングページのデザイン制作を請け負って、年末年始の飛行機代を稼いだことも…。

また、アラサーともなると仲の良かった女友達は皆ママになり、子どもを産むのがちょっと難しい私にはそれを近くで見るのが辛かったりもしたのですが、マレーシアに居ることで物理的に距離を撮ることができて気持ち的には楽になりました。

元々出産願望はそんなに強くないのですが、最初から選択肢がないのとあるのでは違いますよね…。

英語も全然喋れるようにならなかったし(下手な英語でも果敢に挑む変な度胸は着いた)、コンドミニアムのプールは最後の方ロックダウンで閉鎖されてたけど、長い人生のほんの2年間を異国で生きたのはけっこう楽しい経験でした。

これから移住予定の方も、今住んでる方も、楽しいマレーシアライフをお送りください!